住みたい家のイメージづくりとは

イメージづくりは、家族全員で進めるのがよいでしょう。

将来の暮らし方からインテリアあるいは間取りなどに至るまでを話し合う事が重要です。

イメージづくりに必要なポイントですが、
まず、暮らしの変化についてどうか、簡単な家族年表を作りましょう!

家族全員の名前と年齢、タイムライン10年、20年、30年後の家族がどこで何をやってるかを想定して書いてみます。

もしかすると、同居人の予定されば、その人の将来も書きましょう。

こうすると住まいの中が変化して行くのか見えてくるのではないでしょうか。

住まいのイメージを家族会議にて、

家族全員で、好きなもの、嫌いなものを集めて、ノート一冊を用意します。

そして、雑誌や広告からインテリアや住まいに関する情報や記事を集めて、好き嫌いでスクラップします。

ピックアップしたらどこが?なぜ?の理由を書いてみましょう。

住まいキーワードやコミュニケーションの発見につながるかもしれません。

そして、間取りを考えて、インテリアや住まいのイメージがある程度理解できたらプラン検討です。

依頼先(建築設計業者)にお願いする前に、間取についての話し合いましょう。

例えば、ロフトやオープンキッチン、流行はありますが、利用方法方を考えなければなりませんね。

将来の具体的な使い方をイメージしてみましょう。


PAGE TOP