バリアフリー対策について

バリアフリー対策では、ご高齢の方やハンディキャップのある方にとって、その種類や程度、生活形態により変化します。

間取り

生活に障壁のない状態で安全に暮らせる工夫が必要です。
基本的なバリアフリー対策は、床の段差をなくし、手すりを付けて、安全性の高い設備など、車椅子が使える廊下にすることを考えます。

それから、むやみに細かく仕切らないことです。
仕切る場合、取り外しを間仕切壁にしたり、建具を引き戸にする。

玄関や水廻りとの通路を考え、部屋は、階段を用いないワンフロアにするように考えます。

その際、年齢や状況にあわせた部屋の間取りを変えるなど、
部屋間の使いまわし工夫も有効です。

通路から水廻りでは、できれば手摺等があればいいでしょう。

段差の考え方

段差がなければ、転ぶ心配も少なくなり、
車椅子での移動が楽になるというメリットがあります。

しかし、段差を付ける事もメリットがあります。

和室と洋室間の段差があれば、座って和室に移動できます。

バリアフリーは、段差解消と決めつけず、3cm程度の段差をなくす、

また、柔軟に意味がある段差は活かす事も大事です。


PAGE TOP