自賠責保険という自動車保険

自動車保険のなかでも自賠責保険というものがあります。

自賠責保険は公道を走る全ての自動車、原動機付き自転車に加入が義務づけられているものです。

そのため自賠責保険は強制保険と言った呼び方をされることもあるようです。

また、もしも自賠責保険が切れていることが発覚したら罰金を支払う事になってしまうので注意が必要です。

自賠責保険の内容としては交通事故の中でも人身事故に限定されているのですが、自動車事故で相手を死傷させてしまった場合、被保険者が死傷した場合に保険金が受け取れる仕組みになっています。

また、一回の事故で何台もの車、被害者が巻き込まれた場合はそれぞれの被害者に対して保険金の支払いがされます。

自賠責保険で下りる保険金の金額を調べてみると。死亡した場合に3000万円、亡くなるまでの傷害に120万円、傷害をおったときに120万円、後遺障害が残った場合に4000万円と金額的に非常に物足りないものを感じるでしょう。

また、自賠責保険の規定で保険金が思ったほど下りないと言ったことにもなってきます。

そうならないためにもやはり自賠責保険だけではなく任意保険にも加入しておくのが妥当でしょう。


PAGE TOP