生命保険以外の死亡保障

生命保険に入っていない場合でも死亡保障を受ける方法はいくつかあります。

その中でも一般的なのが遺族年金です。

これは国民年金によって支払われる保証金です。
最近は年金というと評判が悪い印象です。

しかし、年金保険ほど安心感のある保険はそうそう無いはずです。

しかも年金保険によって死亡保障まで受けられるのならば、十分に保険料を納めるだけの価値があるとは思えないでしょうか?

しかしこれには注意が必要です。
配偶者や子供がいる場合でも末っ子が18歳になればその年度末に至急が打ち切られます。

つまり子供がいない場合には配偶者がいても受け取れないし、配偶者が先立っていても受け取ることはできなくなってしまいます。

サラリーマンの場合だと国民年金に加えて厚生年金も加入しています。

遺族厚生年金というのがあり、子供がいなくても独身だったとしても受け取れます。

また、サラリーマンの配偶者が死亡した場合は条件があり年収が850万円以下の場合には支給されます。

もちろんですが、再婚した場合は支給は打ち切られます。

これは会社によって違うのですがサラリーマンの場合は退職金と同じく死亡した場合も死亡退職金が支払われます。

また、住宅ローンが残っている場合も困ってしまいますよね。だいたいの場合はローンを組むときに団体信用保険というものに
加入しているのでもしも死亡しても残りのローンは保険で支払われるので安心です。

自身で現在の状態だとどれだけの補償が受けられるようになっているのかを十分に確認して生命保険にはいるかどうか検討しましょう。


PAGE TOP