介護保険とは

介護全般に関わってくる保険のことを,介護保険と呼んでいます。

この介護保険では,40才以上の人は全て被保険者となるのが特徴です。

つまり,40才以上の人には介護保険の保険料を払うことが義務づけられています。

そして介護保険の保険料を支払っていれば,いざその人が,介護が必要だと認定された時には,介護保険の被保険者であるということでその介護サービスの費用の負担が10%で済むのです。

この介護保険では,40才以上64才未満の人は第2号被保険者と呼ばれて,65才以上の人は第1号被保険者と呼ばれます。

介護保険の第1号被保険者(65才以上の人)は,もしも介護などが必要と認定された場合,必要だと思われる介護のサービスを,この介護保険を使って利用することができます。

そして,介護保険の第2号被保険者(40才以上65才未満の人)は,特定の病気が原因となり介護が必要だと認められた時のみにこの介護保険を使って介護サービスを利用することができるようになっているのが,この介護保険のしくみです。

これからは,高齢化が進んでいくので,そのぶん介護が必要な人が増えてくると予想されています。

そのため,介護保険がこれからさらに利用されていくことでしょう。


PAGE TOP